育毛剤 女性 ランキング

髪を育てる女性ホルモンが減ってしまうと薄毛に・・・

最近は薄毛による悩みを抱える女性の数が非常に増えてきました。特に更年期と呼ばれる50代くらいから髪の毛は急速にハリやコシなどを失い、抜け毛が増えて気がつけばヘアピースやウィッグが必要な程薄毛になっている。そんな女性が少なくありません。
体毛の中で、頭髪のみが女性ホルモンの働きによって健康を保たれるというのはよく知られていることですが、正確には女性ホルモンの中のエストロゲンというホルモンが髪の成長を促す作用があり、閉経によりその分泌がぐんと下がることで髪の毛にも影響が出るようになってしまうわけです。
しかし、だからといって諦める必要はありません。育毛に効果のあることをすることで、抜け毛を減らし少しずつでも頭髪を増やしていくことは十分に可能です。

 

育毛の為には、減少しているエストロゲンを補うことなのですが、ホルモンというのはバランスが最も大切で、どれかを過剰に摂取してバランスを崩すことは本末転倒です。
重い更年期障害などで女性ホルモンが極度に足りていない場合は婦人科でのホルモン注射という方法がありますが、先ほどのバランスの問題などもあって、かえって身体自体の健康をそこねてしまうことになりかねない為、医師ですらその扱いは相当に慎重に行わなければならない程ですので、あくまでもバランスを保つために不足しているものを補うというやり方をしてこその育毛効果になるのです。

 

そこで育毛という観点から見ても、エストロゲンとよく似た働きをすると言われている、大豆イソフラボンを毎日摂取することがベストな方法だと言われています。大豆イソフラボンは大豆製品すべてに含まれているのでどういう形で摂ってもかまいません。ただし、摂りすぎると逆に更年期障害のような症状が出たりしますので、一日の基準上限摂取量である75mg以内で摂るようにします。

 

そして育毛の為にもう1つ必要なことは血行を良くすることです。ストレスも血流を悪くしますのでそういった対策や肩首まわりのストレッチなども行うようにすると尚良いです。

 

育毛剤女性用口コミランキング【最新版】市販の11種類を徹底比較!